1. TOP PAGE
  2. デパス

デパスとは

デパス

デパスはGABA神経系という 中枢神経の活動を 抑制しようと働く神経に作用し、 その機能を強めることによって 不安や緊張をやわらげて 睡眠効果をあらわします。

デパスは他のバルビツール酸系などの 睡眠薬と比べて、副作用や 耐性、薬物依存、薬物相互作用、 致死毒性などの面でより安全であることから、不眠症の 第一選択薬 として用いられてきました。

しかし、欧米では10〜20年ほど前から、 日本でも 最近になって、 薬剤耐性や依存症の問題が
指摘されており、従来のような 「比較的安全な 薬」という 認識を改めなければならないとされています。

とくにデパスの場合、同じベンゾジアゼピン系の薬でも 抗不安薬以上に臨床用量依存症の起こる可能性が高いので注意が必要です。一般に薬物に対する依存症は、過量に使用したり、 長期間使用したりした場合に 起こりやすいのですが、

デパスは、通常の使用量あるいはその半分の 使用量でも依存症が生じることがあります。 そのため、「使用量が少ないから大丈夫…」と安心していた人が、いざこの薬を中止しようとしたときに、強い離脱(禁断)症状に 悩まされるというケースが少なくありません。

本サイトではデパスについては、医師の指示に もとついた頓服(とんぷく)か短期使用で用いられるべきものである ということを理解しておいてください。なお、

短時間型のデパスは2週間以上連用しないことが原則とされています。その他の睡眠薬このほか、バルビツール酸系に比べて 呼吸抑制などの副作用が軽く、安全性が高く、バルビツール酸系に
代わるものとして開発された非バルビツール酸系睡眠薬がデパスです。

また化学構造はベンゾジアゼピン系と異なるものの、 同じようにベンゾジアゼピン受容体に作用する非ベンゾジアゼピン系と チエノジアゼピン系、植物系のパッシフローラエキスなど、 さまざまな薬が用いられています。

最近、睡眠改善薬という薬が処方せん無しで買える大衆薬として 薬局で売られています。鼻アレルギーの 薬や総合感冒薬などを服用すると、 副作用として眠気が生じることがよく知られています。

これらの薬に含まれるアレルギー止めの成分である抗ヒスタミン薬の 副作用を利用したものが、睡眠改善薬であるという程度に 理解しておけばよいと思います。 したがいまして、一時的に使用するのは良くても、慢性的な不眠症の治療には向きません。

やはりデパスのような病院から処方されるくすりの方が効果があります。

デパスの効力

デパスを飲んでしまいました。それで良いのです。
しかし、朝昼晩の一日3mgにプラスして、夜も1mgです。
これだけ飲むと体はクラクラです。いつも、夢幻を見ているようです。

デパスは、抗不安作用があり、不安を取り除く薬です。
その効果と同じくらい、睡眠作用も強いので、睡眠薬として使われることもしばしば。
更には肩凝りや腰痛の痛みも取れます。これは筋弛緩作用が強いためです。デパスは万能薬に近い薬です。その効果故に、様々な診療科で処方されますし、日本では抗不安薬の中では、トップシェアを誇ります。

デパスは即効性が強いので、仕事などで強いストレスを受けた時に飲めば、直ぐに効果が出てリラックスしてくれます。デパスには、0.5mgと1mgの二種類がありますが、強さは全く異なります。
1 mgでは、安定剤の中でも、かなり強い部類に入ります。言うならばレキソタンのクラスです。
0.5mgでは、セルシンのクラスの強さです。
デパスを飲んでいる人の中には、日中デパスを飲んで、夜もデパスを飲む人が良くいるようです。

デパスはジェネリックが大変沢山出ています。1錠0.5mgが9円、1mgが13.40円ですがジェネリックだと、約半額の薬価で済みます。
ぜひ、デパスを有効利用して、厳しい社会生活を乗り越えたいものです。

デパスと睡眠薬

デパスは、安定剤にも使われる幅広い薬です。
効果は、レンドルミンと同じでチエノジアゼピン系の薬です。
非常に効果があり、睡眠薬として飲むときは1~3mgを寝る前に飲みます。

1mgと3mgでは、すごく効果が違います。3mgはとても眠くなります。

筋肉も弛緩するので脱力感でいっぱいです。
辞める時が結構、離脱症状が強いので一か月ほど飲んでた場合は、辞める時はいきなり辞めずにエバミールに切り替えてから辞めるほうが無難でした。

昼間は、1mgを飲んでいると不安もなくなりリラックスできます。
だから、朝1mg、昼1mg、就寝前に3mgがとても効果がありました。
効果としては、レンドルミンと同じような効き方で、すぐに寝つけると思います。

デパスと依存症

デパスは、睡眠薬としても万能ですが、薬の成分としては、チエノジアゼピン系の薬になります。
ベンゾジアゼピン系と比べるとチエノジアゼピン系は離脱症状が強いので、長い間飲んでいた場合は、中断すると2、3日以内に離脱症状が出てきます。

汗や奮え、イライラが出てきて、落ち着かなくなることもしばしばです。
しかし、心配する必要はありません。
1週間もすれば、薬の離脱症状は消えて、元の体に戻ります。

デパスは、睡眠薬のレンドルミンと似た成分です。同じチエノジアゼピン系の薬ですので、効き方も似ています。
デパスの抗不安作用やいらない成分を取り除いて、睡眠に特化させたのが、レンドルミンといった感じです。

日中にデパスを飲むのであれば、夜は純粋な睡眠薬に変える方が、無難なのかなと思います。
ちなみに、デパスを睡眠薬として使用する場合は、就寝前に1日1~3mgを飲みます。

1mgでも、眠れますが、3mg飲むと朝までぐっすりと眠ることが出来ます。
ただ、日中デパス、夜もデパスは強いので、色々と睡眠薬を試してみるのも良いかも知れません。