1. TOP PAGE
  2. サイレース

サイレースとは

サイレースの化学的正式名称は、フルニトラゼパムです。 日本では、1984年の3月に国内の2つの製薬会社によって、それぞれ「ロヒプノール」、「サイレース」という商品名に変えて販売されました。 また、さらにそのあと、それぞれの製薬会社がビビットエースやフルトラース、フルニトラゼパムなどの名前をつけて後発医薬品として販売しました。

これらは、濫用と効果の大きさなどを指標に区分された分類のうち、第2種向精神薬に含まれるので、この薬を処方してもらうときは病院の処方せんが必要になります。 フルニトラゼパムは、ベンゾジアゼピン系の短期作用型の睡眠導入剤なので、マイスリーやハルシオンとちがって、慢性不眠症、または重度の不眠症患者の短期治療薬として使われることが多いです。

というのも、この薬の影響力はベンゾジアゼピン系睡眠導入剤のなかでもっとも強いとされており、その性質から、患者に処方するときには長期で使用せず、かつ頓服薬として処方するように決められています。

効果が強いため、欧米ではドラッグとして濫用されることが多かったため、むかしは1mgと2mg錠が販売されていましたが、現在は1mg錠のみが市場に出回っています。 またこのベンゾジアゼピン系薬物の特徴として、睡眠時の脳波(デルタ波)に影響を及ぼします。

具体的な作用機構ははっきりしていませんが、デルタ波の活動を抑制することによって、睡眠が浅くなるので、不眠症患者への治療薬としては、シプロヘプタジンのほうが優れていると考えられています。