1. TOP PAGE
  2. エバミール

エバミール

エバミール

エバミールは本当に安全性の高い薬であると改めて認識しました。

長期間服用し続けても、殆ど副作用がない薬です。
更に一番の利点が依存作用が少ないので、急に薬を辞めても、当日でも自然に寝付くことも可能です。

私の知り合いは20歳から10年間もエバミールを飲み続けてますが、まだまだ20代半ばの姿そのものです。
こう考えると改めて安全性の高さを知らされる薬です。

結構、睡眠薬は薬が合わないとで変更する人がいるのですが、エバミールを飲んでいる人は大体この薬に落ち着きますね。

私の場合は、エバミールは良く飲みますが、2週間程たつと、効力が落ちてくる感じを覚えました。
普段は大丈夫ですが、考えごとをしたりしてると、中々寝付けないので、その時は2mgにするか、レンドルミンに変えています。

もちろん、副作用が極めて少ないので、何もない日はエバミールを飲むのが一番だと思います。

エバミールは成分構造が抗不安薬のワイパックスと全く同じです。
ほぼ一緒の成分に睡眠作用を足した感じでしょうか。
どちらの薬も安全性はピカ1です。

しかし、余り人気がないのですが、強く効く薬が慣れている人には、エバミールは物足りなく感じるようです。
事実、レンドルミンやマイスリーなどを愛用している人には、弱いと言われることもあり・・。

ちなみに2mgは、流石に凄く効きます。ストンと眠りに落ちますが、翌日10時間は寝ないと、日中眠くて仕方がないのではないでしょうか。

いずれにしても、不眠症は現代病になっており、かなりのサラリーマンが飲んでいるのが現状です。
しかし、睡眠薬を飲んでいます何て誰にも言えないからお互いに知らないだけなのです。
取り合えず、一度不眠症を味わってしまうと、睡眠薬は欠かせない存在になるため、10年、20年飲みつづけるのであれば、安全性の高いエバミールは特にオススメです。

エバミールの感想

エバミールを飲み初めて、4年になりますが非常に副作用の少ない薬だと実感しています。
効果の半減期は10時間ほど続くので、自然と中時間まで効き、朝まで寝られます。

効果の程は、最初はすごく効きます。一か月たっても最初の頃よりは、実感はありませんが効いています。ただし、考え事をして切羽詰って今るときは、興奮状態にあり、それが薬の効果上まり中々寝付けないのも事実です( ;∀;)

純粋なジアゼピン系の薬のためか、本当に副作用は実感したことがありません。ここまでの中時間で純粋なジアゼピン系の薬は他には中々見当たらないのでお勧めです。

度々、辞めたこともありますが、辞めた後に来るリバウンド的な症状が殆どありませんでした。というより、何もなかったです。私が最も信頼している薬の一つです。

ロラメット(ロルメタゼパム)の感想

ロラメットは、エバミールと同じ薬です。非常に副作用の少ない薬だと実感しています。
効果の半減期は10時間ほど続くので、自然と中時間まで効き、朝まで寝られます。

効果の程は、エバミールと一緒で最初はすごく効きます。一か月たっても最初の頃のような切れ味のよい、実感はありませんが効いています。

ただし、考え事をして切羽詰って今るときは、興奮状態にあり、それが薬の効果上まり中々寝付けないのも事実です( ;∀;)エバミールとラロメットは同じ薬なのですが、効果は一緒です。
信頼できる副作用の感じたことがない薬です。