1. TOP PAGE
  2. 睡眠薬の副作用

睡眠薬の副作用

睡眠薬の副作用

睡眠薬を常用している人は結構いると思いますが、その睡眠薬は意外と危険と知っている人はどのくらいいるでしょうか?心療内科にて出される睡眠薬は、その人の症状によって、出される場合、ずっと飲み続けると、薬と言うのは、耐性が出来ると聞いています。

そのため、ますます強い薬を出されると言う悪循環になってしまいます。確かに、睡眠を調整する睡眠薬は、寝られない人にとっては救いであり、欠かせないものですが、その副作用としてだるさや頭痛など、色々出てきます。そうした、睡眠薬は意外と危険な薬なのだと言うことがわかりますね。

もっと危険なのは、睡眠薬として、ハーブを代用したりする場合、知識が無く利用するともっと危険になるのを知ってますでしょうか?睡眠薬をもらうには、日本では処方箋が必要になり、心療内科などに通わないといけなくなります。
この心療内科に行くのを嫌がる人も当然多く、寝られないくらいならと、市販の睡眠薬に手をだすのがが、一番危険なのです。

このため、睡眠薬は通常意外と危険なものと認識されているので、薬剤師などがいる薬局のみに販売が日本では限られてる場合が多いですが、これが海外の個人輸入となると危険は一層強まります。自分で睡眠薬を購入する場合は、医者に診てもらって症状に合わせて服用するのとは違います。

自分で使用上の注意を読み、自分で睡眠薬の量を調整するのです。そのため、本来なら安全な睡眠薬なのに、誤った飲み方をして、最悪は命に係わるのです。睡眠薬は医師の指示が間違って処方された場合も問題ですが、自分の思い込みで服用するのがもっとも危険な睡眠薬の使い方なのです。

睡眠薬そのものは安全で、その使い方によっては睡眠薬は意外と危険なものになると認識を強くもちましょう。正しく使えば、睡眠薬も良薬となり、体調も徐々に良くなっていくでしょう。睡眠薬は意外と危険で使うとやめられなくなって怖いと言うイメージもありましたが、それは誤った使い方をしてい場合のことが原因と言うのが多かったのですね。

睡眠薬と抗安定薬の同時服用

昨日は悩みに悩んで寝床に付きました。

つまり、デパスを20時頃に服用して、22時に睡眠薬なしで寝る予定でしたが、ダメです、全然眠れません。
睡眠薬の服用前に抗不安薬を飲むと、より寝付きやすくなるのですが、せめて、デパスを服用後は4時間は空けて、睡眠薬を飲むようにしたいのです。

何故なら、抗不安薬と睡眠薬を一緒に飲むと、予想以上に効果がでて、あまり体に良いとは言えません。特に肝臓や胃に負担です。
せめて、4時間は間隔を空けたいものです。

睡眠薬と抗不安薬は、抗不安薬を服用してから睡眠薬を飲むのと、睡眠薬を服用してから抗不安薬を飲むのでは、後者の方が作用は倍強くなります。

一時期、レンドルミン0.25mgとデパス1mgの組み合わせかエバミール1mgとレキソタン2mgの組み合わせで寝る前に飲んでいましたが、翌朝、体調すぐれず、倦怠感の不快症状や肌荒れが酷くなり、一ヶ月程で服用を中止しました。

やはり、2種類の同系統の薬を飲むときは作用が増強されるため注意した方が良いです。
服用するのであれば、レンドルミン0.25mgを0.5mgに増やすか、エバミールを1mgを2mgに増やす方が体には副作用が低く安全です。

レンドルミンとエバミールを同時に飲むのは、もってのほか。同じ薬の量を増やす、減らすで対処して下さい。