1. TOP PAGE
  2. マイスリー

マイスリーとは

マイスリー

マイスリーは、主に睡眠導入剤として販売されています。世界では一番最初にフランスで販売され、日本ではアステラス製薬会社が2000年に販売を開始しました。

マイスリーは日本での呼び名ですが、アメリカではAmbienです。正式な薬剤名はゾルピデム、化学的命名法では、酒石酸ゾルピデムといいます。見た目は小粒の黄色い錠剤で、一般的な錠剤のように、フィルムコート錠剤として販売されます。

この薬剤はω(オメガ)受容体というたんぱく質の受容体をもちます。ω受容体には2つのサブタイプがあり、それぞれをω1、ω2といいますが、どちらの受容体に作用するかで効果が変わります。

ω1は睡眠作用、ω2は抗不安作用や抗けいれん作用を示します。マイスリーはどちらかというと、ω1の選択性が高いので、眠れる効果というよりは、情緒不安定な症状を抑えたり、けいれんがでたときなどに使われます。

もともと睡眠導入剤というくくりなので、躁うつ病や統合失調症などの精神疾患などに効果がある薬ですが、睡眠作用は少ない方です。重度の不眠症の患者などには別の薬を処方します。

また、非ベンゾジアゼピン系なので、ベンゾジアゼピン系に比べて、耐薬性とともに中毒性が低いという特徴があります。くりかえし処方していることで効き目が落ちてくることもあります。 現在販売されているのは5mgか10mgのもので、年齢、体重、体質によって投薬量を変えますが、高齢者は5mgから投与します。処方のしかたは、寝るまえの経口投与です。

あなたは、毎日忙しい生活を送っているのではないでしょうか?多くの方が忙しい生活を送っています。 そこから様々な病気にかかったり、心の健康を損なってしまう方が増えています。今、忙しい生活を自分でも送っているなと実感をするときには、少しは休憩をしなかったら、さらに大きな病気にかかってしまう心配もあるのです。

忙しい生活を送っていたら、あなたの体にも心にもストレスがたまってしまいます。 ストレスのことは簡単に考えてしまうことが多いものですが、この上なく悪影響が大きなものです。 だから、今病気にかかってしまった方の中にはストレスから、大きな病気にかかってしまった人が激増しています。 これからの将来は、さらにストレスから大きな病気にもかかってしまう方が増えてしまうことでしょう。

もしも、ストレスがかかった時には、本来は脳からたくさん出るはずの様々な脳内物質が出なくなってしまうのです。その中の1つには、セロトニン不足が考えられます。

ストレスがなく健康な方だったら、脳内から正常に分泌されていく重要な成分です。けれども、ストレスがたまった脳からは、出なくなったり出る量が極端に少なくなっていきます。この悪影響から、様々な病気の原因に「セロトニンの減少」が考えられるのです。そのためにより不眠症になってしまいマイスリーのような睡眠薬をつかうことになるのです。

特に、セロトニンは心の健康や安定を司っている脳内物質です。あなたは最近イライラしたり、怒りっぽくなったり、些細なことが気になってしまったり、感情が乱れてしまうことがないでしょうか?あるのなら、疲れがたまっていたり、ストレスがかかっていませんか?

そんな疲れやストレスがたまった心の状態から、セロトニンが出なくなってしまったことが考えられます。セロトニンは、日常生活の中で気持ちの問題に大きく働きかけていくのです!

健康な生活を送っていきたいなと思うのなら、心が安定した状態でなかったら何をしていても楽しくないでしょう。 だったら、疲れやストレスをためない生活を心がけていき、マイスリーを使わずにしっかりと熟睡できるようになりましょう。