1. TOP PAGE
  2. にきびと角栓のケア

にきびと角栓のケア

にきびと角栓のケア

角栓はにきびの芯となるものです。毛穴に詰まった角栓が菌の繁殖によって炎症を起こし、それがいわゆる大人にきびと呼ばれるものになります。

にきびは白にきびと呼ばれる初期段階で正しいケアをしておかなければ、ますます悪化することになります。アクネ菌などが繁殖して赤く腫れ、さらに酷くなると膿を持ったりします。ここまで悪化してしまうとにきびが治った後でも跡が残ってしまうため、その前にケアすることが大切です。

角栓のできたときに正しい洗顔をしていると、角栓は自然に取れるというケースが多いようです。しかし、指やピンセットで角栓を押し出したりスクラブなどを使って無理に角栓を取ろうとすると、穴が開いた状態になり、角栓の痕に再度にきびができたり化膿してしまうことは少なくありません。

もちろん、にきびを潰してしまうのも厳禁です。角栓の状態のうちは洗顔を中心に、白にきびができてしまったらできるだけ刺激を抑えながら治るのを待ちます。にきびが炎症を起こしてしまったら薬を使うか皮膚科に相談するようにしましょう。

大人のにきびの原因となる角栓。角栓のケアにもにきびのケアにも洗顔が大切だということははいうまでもありませんが、にきびを作らないためにはその他のアプローチでも角栓をケアしていくことが大切です。

角栓をできやすくしているのは、皮脂の過剰な分泌です。皮脂は皮膚のうるおいを守る上では大切な役割をしていますが、分泌が過剰になっている場合には内的な要因の存在も考えられます。

例えば、ストレスやホルモンバランスの狂いなど。その他に、偏った食事でも皮脂の分泌が過剰になることが考えられます。

ストレスやホルモンのバランスがおかしくなる要因として、睡眠不足が挙げられます。ヒトの体は、起きている時間が長ければ長いほど皮脂の分泌が促されるといいます。

さらに、脂っこいものや甘いものをたくさん食べれば、それだけ皮脂の分泌量も多くなります。逆に野菜をあまり食べていないとビタミンが不足し、体の抵抗力が落ちるためににきびもできやすくなってしまいます。

にきびや角栓の原因となる過剰な皮脂の分泌を抑えるためには、何よりも毎日の生活習慣のバランスを整えることが大切というわけです。